ワイヤーフレームとは

ワイヤーフレームとは

ワイヤーフレームとは、名前の通り骨組みのことです。
ウェブサイト制作をする際に、デザインの基礎となるコンテンツの配置を決めるために制作する骨組みとなります。

ワイヤーフレームとデザインの実際の例

弊社でお作りした、ミロワール様のサイトの例です。
ヘッダやメニューなどの配置はワイヤーフレームと完成版でほぼ同一ですが、デザインやテキストが載ると印象が変わります。

ミロワール様ワイヤーフレーム   ミロワール様完成

ワイヤーフレームを作る意味

デザイン発注・制作時にオブジェクトの配置を明確にすることや、サイト制作時の意図をはっきりさせるものですが、制作側だけでなく、お客様に対しても大事なものと考えています。

・メニューの配置や視線の流れに不自然さはないか
・ページ内に必要な情報が含まれており、目に入るか
・お客様の希望やウェブサイトの意図を反映させられているか

などを見せて考え、検討する役割を担っているものです。

ワイヤーフレームはデザインが入っていない状態で見ていただくため、全体のバランスやメニューの配置と内容をコンテンツの重みに応じてこのように考え、配置しましたという説明をするためにお客様にもお見せして、一緒に制作しています。